Get Adobe Flash player

土壌改良に効果的なグラベール

グラベールの主成分は、アクリル酸重合体の高分子化合物です。
これに含まれたプラス電荷は、瞬時に土壌の粘土・シルト粒子の表面に帯びるマイナス電荷と結びつき、 細かい粒子を繋ぎ合わせて、無数の隙間を持った団粒構造を作ります。
この構造は、架橋作用により三次元構造を形成し、乾燥・湿潤を繰り返しても壊れない土壌に改良されます。

法面の侵食防止 グラベールB

法面の侵食防止
グラベールBによって土壌改良された法面は地表下約1cmまで団粒構造をつくり、 施工直後から雨による侵食を抑える事が出来ます。
さらに、張芝工等の植生工を行うまでの間、法面を保護する事が出来ます。

詳しく見る

防塵対策(砂埃対策)

防塵対策(砂埃対策)
グラベール防塵タイプによって土壌改良された法面は地表下約1cmまで団粒構造をつくり、 防塵効果が生まれます。
降雨や紫外線の影響を受けにくいので、優れた耐久性を発揮します。

詳しく見る

法面の侵食防止 グラベールB

防草対策(雑草防止対策)
防草客土吹付け工法とは、スタビライズとグラベールFを使用した環境に優しい防草効果で、 長期にわたり耐久性のある植生基盤を実現します。
野芝などのお好みの種子のみを植生させる新しい工法です。

詳しく見る

PAGE TOP